人気ブログランキングに参加中です♪
人気blogランキングへ←クリックにご協力をm(._.)m
相互リンク常時募集中♪リンクしてくださる方はコメントください。
簡単相互リンクからもお申し込みいただけます。

2007年04月23日

パステルゼリー

ダイエットシェイクやダイエットクッキーに次ぐ
ダイエット食品のご紹介♪

ダイエットシェイクの独特の食感になじめない方には
このぷるるん食感はオススメです。

1食あたりのカロリーはわずか約220kcal
13種類のビタミンと11種類のミネラルを1食できちんと補えます。

マンゴ、ブルーベリー、オレンジ、バナナ、メロンの
5つの味が揃ってます。

↓詳しくはクリック


posted by ことこと at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

ダイエットの秘訣

ダイエットを成功させたいなら、
続けることが大切ですd(-。・。)

「○ヶ月で○キロやせたい」
と、目標をたてておこなうよりも、
生活習慣を見直して、ダイエットを日常生活の一部として
取り入れたほうが、リバウンドもおこらず、
健康的に美しくなれると思いますよ♪

そのためには、無理なく出来る方法を選ぶことです。

値段の高いダイエット食品を毎日食べ続けることは、
一般人には続け難いですよね。

また、辛い思いをするダイエット方法では、
そんな生活を毎日送っていてはストレスがたまってしまいます。
極度の食事制限や、過酷な運動などがそれにあたりますね♪

例えば、食事を摂りすぎている人なんかは、
ゆっくりよく噛んで食べる習慣を身につけるだけでも、
食事の量を抑えることができるでしょうし、

運動量の少ない生活を送っている人は、
夜、テレビを見ている時間に、
30分ステッパーを踏むようにしてみるのもいいかもしれません。

食事の内容も、ダイエットをする、と決めてから
いきなり量を減らしたり、炭水化物を抜いたりでは、
体にも悪いし、リバウンドも起こります。

それよりも、毎日の食事の内容を見直して、
和食中心にする、とか、
外食ではラーメンや丼物を頼まず、
定食などの品数が多く摂れるものにする。
といった習慣をつけた方が、効果は上がるでしょう。

期間限定でおこなうダイエットでは、
やめてしまったら元に戻ってしまいます。

ダイエットは、長期的におこなうもの。
常に心がけることが成功の秘訣なのです(〃^ー^〃)b




お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

部分痩せ

「顔のお肉をとりたい」「お腹の脂肪を落としたい」
「足を細くしたい」・・・・・・
そんな部分痩せの願望を持っている人はたくさんいますね。

でも、残念ながら、部分痩せは難しいです。

脂肪を燃焼させたいなら
摂取カロリー以上にカロリーを消費することですd(-。・。)
適度な量のバランスのとれた食事を心がけ、
全身の筋肉をつけて、有酸素運動を行うことをオススメします♪

どこの脂肪を落としたいにしてもやることは同じ。
「腹筋をやればお腹の脂肪が燃焼される」
なんて、単純なものではないんです。

「よく動かす部分には脂肪がつきにくい」とも言われますが、
例えその部分に脂肪がつきにくくても、カロリーが余れば、
結局その周りには脂肪がつくので、やはり消費カロリーを増やすべきでしょう。
(ツイストなども、やってみる価値はあると思いますけどね♪)

また、脂肪が落ちたうえで更に筋肉がついていれば、
その部分は、より引き締まって見えますから、
細く見せたい部分の筋トレをするのも間違いではありませんよ♪


それから、「汗をかけば痩せる」と誤解されている方もいるようですが、
汗をかけば痩せるわけではありません。

痩せたい部分にラップなどを巻いて汗を出すことには
なんの意味もありませんよ。

マッサージで部分痩せできるという話もよく聞きますが、
これも、脂肪が燃焼するわけではありません。
一時的に、水分が移動するだけのことで
時間が経つと、すぐに元に戻ります。

痩せたい部分に何かを塗る、という方法も
脂肪が燃焼する根拠は何もありません。

筋肉がついて太いのが気になる、という方もいるようですが、
女性であれば、ちょっとやそっとのトレーニングでは
ムキムキになることはありません。
筋肉の上に脂肪が乗っているから太く見える、
という可能性もありますね^^

せっかく体に良い運動をしているのに、太いのが気になるから、
と、運動をやめてしまってはもったいないです。
脂肪もつきやすくなってしまいますしねw
ダイエットのためにも、筋肉や骨格といった
「除脂肪体重」は減らさないようにしましょう。



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 23:16| Comment(8) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

たんぱく質は体をつくる主成分

私たちの体を形成するたんぱく質は、
日々刻々と新しく入れ替わっています。

髪の毛や爪はいつのまにか伸びているし、
風呂に入れば皮膚もアカになってはがれ落ちていく。
内臓も骨も、そして筋肉もどんどん新しくなっているのです。

約80〜90日、それで体の半分は新品になっていると思ってください。
毎日捨てられていくたんぱく質の分だけでもきちんと補う必要があるのです。

70g。
少なくともこれだけは1日に摂取したい量なのですが、
食事での摂取は意外とままならないのが実情なのです。

朝食や昼食でバランス良く摂取できればいいのですが、
なかなかそうもいかないものですね。

夕食でいくら頑張って摂ろうとしても、
納豆1パックで8g、卵1個で7g。
たとえ、ステーキを250g食べたとしても、
そこに含まれるたんぱく質は50gなんです。

毎日の食生活だけで理想的なたんぱく質を摂取するのはなかなか大変。
それに、肉や魚、卵、牛乳などは、
必須アミノ酸をバランス良く含んでいるので
良質のたんぱく質ということができますが、
脂質やコレステロールも多く含まれているので注意が必要。

大豆や大豆製品などの植物性のたんぱく質と組み合わせて、
上手に摂取しなければいけません。

そこで、手軽に摂取する方法が、
プロテインなどのサプリメント食品で補うこと。



オススメのプロテインは
これ↓





水にも溶けやすく
牛乳で溶かして飲めば
普通にココア♪

他のプロテインとは違って
美味しく飲めます!!d(>(ェ)< )





また、朝食などを食べる時間がなくて
ついつい抜いてしまう人には
↓これがオススメ





食事代わりに飲んでください。
たんぱく質以外の栄養素もバランス良く含まれています♪


心優しい方は
人気blogランキングへ ←ポチッと( 。 ..)_
posted by ことこと at 21:07| Comment(11) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

食事制限よりも筋トレを

食事制限をすると、
脂肪ばかりか筋肉までエネルギーに変えて燃やしてしまいます。

筋肉は非常に分解が容易で
エネルギーに変わりやすいのですd(-。・。)

筋肉があればエネルギーを消費してくれるので
基礎代謝が高く、太りにくいのですが
その筋肉まで燃やしてしまうのですから
脂肪のつきやすい体になるわけです。

また、筋肉はプロポーションを良くするのにも欠かせません。
くびれをつくり、メリハリのある体型にしてくれるのです。

食事制限だけでダイエットした人や、
運動不足の人は、メリハリのある体型にはなれません。

そして、ダイエットをやめて、元の食事に戻すと
同じ量の食事でも、以前より多く栄養を吸収してしまいリバウンド。
さらに筋肉が落ちている為に、基礎代謝が減り太りやすい体質に・・・

食事制限は、このような悪循環に陥っていってしまうのです。

そうならないためにも、ダイエットをするなら
まず、筋肉トレーニングを行いましょう。
それに平行して有酸素運動を行えば更に効果的です。

ちなみに私のトレーニング方法を紹介すると

ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチ

の順番で行い

筋トレについては
腿(前、後、内、外)、背中、胸、腹をメインに

1セット目・・・軽めの負荷で10回(稼動部分を温める)
2セット目・・・10回やるのがギリギリの負荷で10回
3セット目・・・2より一つ軽い負荷で10回
        ※2と同じ負荷でできる回数やるのも可

という具合にやっています。
あくまでこれは私のトレーニング方法で
全ての人に当てはまるわけではありません。

たとえば、筋肉をより大きく見せることを目的とした(主に男性)は
もっと負荷を増やして回数を減らした方が効果的ですし

筋トレを初めて行うような人が
いきなり10回がギリギリなんていう負荷で始めては
下手したら体を痛めるキケンもあります。

初心者は、もう少し軽めの負荷で始めて
慣れてから上のようなトレーニングに移行した方が安全です。


※ちなみに、筋トレの部位を
腿、背中、胸、腹をメインに行う理由は
大きな筋肉を鍛えた方が
脂肪燃焼には効果が大きいからです。


より効果的なトレーニングにするためには
・水分補給をこまめに行う。
・トレーニング後30分以内にプロテインを飲む。
・トレーニング前後には必ずストレッチを行う。

以上のことを参考に
健康的なダイエットに挑戦しましょう♪
posted by ことこと at 09:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

リバウンドをしないダイエット

夏が近づいてくるとダイエットを始める人って
結構多いですよね(*бーб*)b

でも、正しいダイエットをしないと
かえって太る体質になってしまうので注意が必要。

太ったり痩せたりを繰り返していて、
「以前はこの方法で痩せたのに、今回はなかなか痩せない」
な〜んてことを感じたことはありませんか?

それは、間違ったダイエットを繰り返したために
痩せずらい体質に変化してしまったためかもしれません。

多くの人が陥ってしまうパターンが、
痩せたい時期に食事制限をしてしまうことです。

食事制限で一時的に体重を落とすと、筋肉と脂肪の両方が落ちます。
そして、元の体重に戻る時には脂肪だけがついてしまうのです。

こんな方法で痩せたり太ったりを繰り返していては
脂肪ばかりの身体になってしまうのも当然のこと。

同じ体重に戻っただけだから、と安心していても
実は中身は大違い。

以前よりも筋肉が落ちている、ということは
基礎代謝も落ちている、ということ。

ということは、元に戻った時に以前と同じ食事をとっていては
カロリーオーバーになり、脂肪がつく原因に・・・・・

それに、再び同じ方法で痩せようとした時にも
基礎代謝が落ちている分、なかなか思うように痩せることはできないはず。



リバウンドをしないダイエットをしたいと思うなら
やはり運動を取り入れるのは必須です!

運動を取り入れてダイエットすれば、
筋肉を減らすことなく脂肪を落とすことができるわけです。

その際、たんぱく質の補給も忘れずに行うことが重要ですヨ♪
いくら運動をしても、たんぱく質が不足していては
筋肉は落ちてしまいますカラ(*бーб*)b




お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 16:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

甘いものがダイエットに向かない訳

炭水化物には、
多糖類、二糖類、単糖類と3種類あります。

多糖類とは、主に
米、ジャガイモ、そば、うどん、パスタ、豆類
などの食品に含まれる炭水化物。

単糖類二糖類とは、主に
果物、ジュース、はちみつ、砂糖、飴、ケーキ
など、甘いものに含まれる炭水化物です。

この単糖類や二糖類といった甘いものは、
消化・吸収がとても早く、すぐに血液へ
血糖(グルコース)というかたちで流れ込んでしまいます。

糖が急激に血液に流れ込むと(血糖値が上がると)、
たくさんのインスリンが分泌され、
たくさんのインスリンは、
糖を脂肪として蓄えてしまうのです。

逆に、多糖類は、消化・吸収が比較的ゆっくりなので、
インスリンの分泌も少なくなります。


ですから、ダイエットの為には、炭水化物は
甘いものよりも、多糖類から摂った方が良いと言えるのですd(-。・。)


ただし、多糖類で摂った場合でも、一度にたくさん食べてしまっては、
たくさんのインスリンが分泌されてしまうことになりますのでご注意を。



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

食事の量とタイミング

いくら運動をしても、食事の量が多くなると体脂肪も増えます。
体脂肪を増やさないためには、食事の量を多くし過ぎないようにしましょう♪

食事の量を増やさないためには、
よく噛んでゆっくり食べることが大切です♪

時間をかけてゆっくり食べると、
食物の中に含まれている糖質が吸収されて、
食事中に血糖値が上昇します。
血糖値が上昇すると満腹中枢が刺激されて
満腹感を感じるようになるのです。

また、1日にとるカロリーが同じでも、
それを3回に分けないで、1回でどか食いすると、
肥満になりやすくなります。

どか食いすると、血糖とインスリンの量が急上昇し、
脂肪細胞での脂肪合成が高まってしまうのです。
 (※インスリンは血糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きをする)

朝、昼、晩、と食事を分けてとると、
血糖やインスリンの上昇が低く抑えられるので、
脂肪の合成もゆるやかになり、肥満を予防できますヨd(-。・。)


それから、食事時間のタイミングも体脂肪の合成に影響します。

人間は夜になると、副交感神経の活動が高まり、
血液中のインスリンが上昇します。

夜、寝る前のインスリンが上昇している状態で大食いすると
摂取された糖質はインスリンの働きで脂肪細胞に
脂肪として蓄えられやすくなるのです。

ですから、体脂肪の量を増やさないためには
・夜、寝る前の大食いをやめ、朝食と昼食の量に重点をおく
・食事をした後すぐに寝ることを避ける

など、心がけましょう♪

早い時間に夕食をとれるのであれば、
早めに夕食を済ませるのもいいかもしれませんね♪


お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 16:11| Comment(9) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

一食置き換え型ダイエット

マイクロダイエットで有名なダイエット方法。
1食分の食事を置き換えて摂取することにより、
脂質、カロリーを抑えて、必要な栄養素を補うことができる
というものです。

ダイエット食品なんてどれもインチキ、
なんて、軽く思い込んでいる私ですがw
この製品は、納得できるかな♪

ダイエットのために摂取カロリーを減らそう、というとき、
なかなかバランスの良い食事を摂るのは難しいですよね。

品数をそのままで量だけ減らす、ということができる人は
あえてこのような製品に頼る必要はありませんが
なかなかそうもいかないもの。
自炊していたら、品数を減らす方が楽ですからねw

で、朝食は○○だけ、といった具合に
単品になってしまうパターンが多いんです。

そんな食事をしていたら、もちろん必要な栄養素が補えません。
そして、筋肉が落ち、基礎代謝が下がる、という悪循環に陥るわけです。

それだったら、ある程度必要な栄養素が補える
「1食置き換え食品」を利用した方が、よっぽど健康的だと思うんです♪

もちろん、必要な栄養素が補える、と言っても
完璧ではありません。
世の中には、まだまだ未解明な栄養素はたくさんあり、
食品の中で摂取できる様々な栄養素を全て補う、
なんてことは不可能ですから。

なので、3食毎日この製品だけを摂取するようなことをしたら
確実に体を壊します。

置き換えるのは、1日1食までにして
他の2食で、バランスのとれた食事をしてください。
また、毎日置き換えなくても、1日おきに1食置き換える
くらいのペースでもいいと思いますよ♪


また、時間がなくてきちんとした食事をとれない方にもオススメです。
食事を抜くのは太るもとですから、
簡単に摂取できるこういった製品に頼るのもいいかもしれません。

パンをかじったり、カップラーメンに頼ったり・・・
そんな食生活よりもよっぽど健康的ですよ(〃^ー^〃)b

「そうは言っても値段が・・・・・」
と、心配するかもしれませんが、
製品によってはそんなに高くないものもいろいろあります。

内容はそれほど変わりませんから
安価なものを選んで使うのも一つの手ですね♪


参考までに値段の比較です。

【マイクロダイエット】
 14食=17,640円
 1食分=1,260円

【リエータ】



 15食=5,775円
 1食分=385円

 
【明治プロテインダイエットミックスパック】



 30食=3,570円
 1食分=119円

【明治プロテインダイエット 缶】



 約17食=1,580円
 1食分=93円

他にもいろいろな製品があります
ダイエットシェイク



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪

1食置き換え型ダイエットのページも参考にどうぞ
posted by ことこと at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

生理とダイエット

私はあんまり気にしないんですけど
「生理周期でダイエットの効果が違う」
という話はよく耳にしますネ。

筋肉をつけるためには、
1〜2日の休息をとりながら筋トレを行うのがベストなので、
生理前だからトレーニングはしない、なんてことはしませんが
参考までに・・・・


【排卵後から生理が終わるまで】
黄体ホルモンが多く分泌される時期。
・むくみやすい。
・食欲増進。

むくみにより、体重が増加される場合もありますが、
脂肪が増えた、という訳ではないので焦る必要はありません。
ただし、食欲が増進するので、食べすぎてしまうと太ることも・・・・

【生理後約2週間】
水分や老廃物の排出を促す卵胞ホルモンが多く分泌される時期。
(痩せやすいと言われている時期です。)
・余分な水分や老廃物の排出を促してくれる。
・気持も安定して集中力UP、食欲もコントロールしやすい。
・肌コンディションも一番いい時期。

ダイエットを始めるなら、この時期に始めると
無理なく始められるのでオススメです♪



女性には、女性ホルモンによる一定のリズムがあり、
ホルモンの関係上痩せやすい時期と痩せにくい時期があるのですが、
それほど気にしなくてもいいと思いますよ(〃^ー^〃)

生理中でも、体調が良いようなら
運動しても問題はありませんd(-。・。)
生理痛なら、無理をせずお休みしましょう♪

また、生理前や生理中にダイエットをするのは「無駄」
と思っている人もいるようですが、そんなことはありません。
むくみのために、体重が増えるので
ダイエット効果が実感できないだけなんです。

ちなみに、極度な食事制限によるダイエットは
生理前、生理中に限らず「ダメ」ですヨw


お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

アミノ酸

よく、「アミノ酸ダイエット」なんてものを耳にします。
今日は、その「アミノ酸」について少しお話しますねd(-。・。)

たんぱく質が体内で消化されるとアミノ酸になります。
アミノ酸には20種類ほどありますが、
筋肉の増量を目的とする場合と
脂肪の燃焼を目的とする場合とでは
必要なアミノ酸はそれぞれで異なります。


●筋肉の増量には《運動前・運動中・運動後に》
ロイシン、イソロイシン、バリンの3つの必須アミノ酸(BCAA)。

これらは、筋肉に最も多く含まれるアミノ酸で、
運動と関わりの深いアミノ酸です。

エネルギー源としては、主に糖質(体内のグリコーゲン)と
脂質(体脂肪)が使用されるのですが、
長時間の激しい運動やエネルギー不足時には、
筋肉を分解しBCAAがエネルギーとして使用されるのです。

しかし運動前や運動中にBCAAを摂取すると、
これらが直接エネルギーとなり筋肉の損傷を抑え、
筋肉痛を防ぐことができ、また筋力維持やスタミナの持続により
運動パフォーマンスの向上が期待できます。

また、運動の直後にBCAAを補給すれば、
傷んだ筋肉をすばやく回復し、筋肉痛などを防ぐ効果が期待できます。

さらに、ロイシンには筋肉合成の働きもあると言われています。


●脂肪の燃焼には《運動30分前に》
リジン・プロリン・アラニン・アルギニンの4種類。

脂肪は身体の活動のエネルギー源としては優先順位が低く、
なかなか利用されません。

運動後20分ほど経過すると、
体脂肪はリパーゼという酵素活性が高まることにより分解され、
血中に遊離脂肪酸として放出されます。
この遊離脂肪酸が運動により筋肉内でエネルギーとして利用されます。

これら4種類のアミノ酸は、このリパーゼを活性化させ、
より多くの脂肪酸を遊離させる働きがあります。

ただし遊離した脂肪酸は有酸素運動により燃焼されなければ、
再び脂肪細胞に蓄えられてしまうので、
運動せずに、これら4種のアミノ酸が配合された商品を摂取しても、
ダイエット効果はありません。

また、アミノ酸飲料には、
アミノ酸以外にも糖分などが入っていたりします。
なので飲みすぎると、エネルギー摂取過多になり、
かえって脂肪がつくことにもなるのです。



ちなみに、米と大豆には、全種類のアミノ酸が
バランス良く含まれていています。

理想的なアミノ酸の摂取には、
朝食にご飯・味噌汁・納豆というメニューでバッチリなので、
あえてサプリメントに頼る必要はないかもしれませんネ(*бーб*)b

サプリメントで摂るなら、必ず運動もしましょう!!!




【アミノ酸】

お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 11:51| Comment(5) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

カロリー

「運動だけしていれば痩せるはず」
と、思っている方は意外と多いのですね。

例えば、毎日1時間のウォーキングを1年続けても、
痩せないことはありますd(-。・。)

問題は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスなのです。

いくらウォーキングで消費カロリーを増やしたところで、
その分食べる量が増えては、痩せることはありません。

1年間そのウォーキングをしてきて
体重が変わらない、ということは、
ウォーキングをすることによって、丁度バランスが保てていたのです。

それなのに、「ウォーキングは効果がないから」
と辞めてしまったらどうでしょう・・・・

食事量はそのままで、消費カロリーだけが減ったとすれば
余った分のカロリーは、脂肪として蓄えられることになるのです。


では、運動しなくても摂取カロリーを減らせばいいのでは?
ということになりますね。
でも、必ずしもそうでもありませんw

もちろん、今まで食べすぎていた人が
適度に食事制限を行うのはいいと思います。

しかし、適度に食べていた人が食事制限を行うと
必要な栄養素を補うことができなくなってしまいます。

それでは、体に負担をかけ、美しい体にはなりませんし、
たんぱく質が不足すれば、筋肉が落ち、
脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。


美しいスタイルになりたいのなら、
バランスのとれた食事を適度な量食べた上で
運動して消費カロリーを増やすことです♪


一日の総摂取カロリーにおける割合は
以下を参考にしてください。

炭水化物・・・50〜60%
たんぱく質・・・20〜30%
脂肪・・・15〜20%

そのほか、ビタミン、ミネラルもしっかり摂りましょう!

食事についてのページも参考にしてください(〃^ー^〃)b

お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 10:31| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

1日4食ダイエット

1日に4食もとったら
「太る」と、思ってしまうかもしれませんが
いつも食べている3食の食事に、もう1食プラスするわけではありませんよw

1日の食事量を増やさずに、回数だけを増やすのですd(-。・。)
いつも3食で食べている量を、4回に分けるだけのこと♪

ダイエット中だから、と言って
お腹が空いているにの我慢するのは
実は逆効果!

脂肪がカラダに定着しやすくなってしまいます。

お腹が空きすぎた状態というのは、
体に必要なエネルギーが足りず、危機感を感じているのです。

この状態の時に食事を摂ると、
体は、同じようなことになるのを避けるために
できるだけ多くのエネルギーを蓄えようとして
脂肪をつけることになるのです。


ダイエットで、食事量を減らしたいなら
食事回数を増やし、空腹状態を作らないようにしましょうね♪

もちろん、回数を増やすからといって、お菓子を食べてはいけませんよ。
ちゃんと、食事で摂るようにしてください。

忙しくて、何回も食事なんてしていられない、というなら
エネルギー補給タイプの食品もいろいろとあるので
そういった、手軽に食べられるものを用意しておくといいかも。

仕事の関係で、どうしても夕食の時間が遅くなってしまう、
なんていう方も、夜、お腹が空く前に
そういった食品で、軽くお腹を満たしておくといいですよ。

そうすることで、夕食の量も抑えることができますしね(〃^ー^〃) b


私が以前働いていたスポーツクラブでは
新店舗立ち上げにともない、
深刻な人手不足でした。

その頃は、本当に忙しくて、
朝食を食べて出勤してからは、
お昼ごはんを食べる時間もなく、
パソコンしながらパンをかじるくらいしかできませんでした。

おまけに、エアロビクスなどのレッスンが、
多いときだと1日7本・・・・・

当然必要なエネルギーが足りていないですよねw

で、深夜2時とかになってようやく食事にありつける。
しかもお腹が空いてるから、結構たくさん食べる。
そんな状態が続いていました

さて、私はその頃痩せたと思いますか?



太ったんですよw
1日7本のレッスンをしてるのに!

規則正しい食事の重要性が分かりますね♪


【手軽にエネルギー補給するなら】
↓クリック








お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします(〃^ー^〃) ♪
posted by ことこと at 10:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

プロテイン

美しいボディラインを作るためには、
筋肉トレーニングと、たんぱく質(プロテイン)の摂取が重要です。

ただ、たんぱく質をたくさん摂ろうとして、
肉や魚をたくさん食べれば、脂肪の取りすぎにつながりかねません。

動物性たんぱく質だけでなく、
豆、豆製品などの植物性たんぱく質からもたんぱく質を摂るように心がけましょう。

栄養は食事から摂るのがもちろん理想的ではありますが、
バランスのとれた食事を毎日作るのは、なかなか難しいもの。

そんなときは、食事の補助としてサプリメントを活用するのもオススメです。




プロテインを摂取するタイミングは次のとおり。


朝食後・・・栄養補給でもっとも大切な食事と合わせることにより、食事のたんぱく質をきちんと補完するため。とくに朝食でたんぱく質が充分摂れる人は少ないのでオススメ。
食事の状況により、昼食後、夕食後に摂ってもいいです。

 
運動後(30分以内)・・・運動直後に充分なたんぱく質が供給されていれば、筋肉の再生も速く、体づくりが効率的に行われます。
また、成長ホルモンが分泌されるタイミングでもあります。

 
就寝1時間前・・・成長ホルモンが分泌されるタイミングです。
夜運動して、すでにプロテインを飲んでいるのであれば、あえて飲む必要はないでしょう。





プロテインの摂取方法について更に詳しく知りたい方は
↓こちらのページを参考にしてください♪
http://kotokotokotokoto.fc2web.com/purotein2.html


以上、メインのサイトからの抜粋(手抜き)記事でしたwww



今日も元気に
人気blogランキングへ ←ポチッとな( 。 ..)_
posted by ことこと at 21:24| Comment(7) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

初心にもどって

最近、テーマから離れすぎてたので
「キレイになりたい」
の、本来のテーマを少し語ってみます。

-----------------------------------------------

誰が見てもキレイなスタイル、
それは決してただ細いだけの体ではありません。

本当にキレイと言えるスタイルの条件は、
無駄な脂肪がなく、適度な筋肉がついていること!!

ダイエットと称して、無理な食事制限を行ったり、
痩せる薬を飲む、なんて行為はキレイになるどころか、
不健康で醜い体を作るだけ。

正しい知識を見につけて、本当のキレイを手に入れましょう。

-------------------------------------------------------

これは、サイトhttp://kotokotokotokoto.fc2web.com/
の冒頭で語っていることなんですけどね。

興味のある方は、サイトの方もチラッと覗いてやってください♪

私のメインサイトでは、筋肉をつけて健康的に美しくなる方法を
いろいろと調べて載せています♪

まあ、しょせん素人作成のサイトで
お恥ずかしいですが・・・・・
自分の一番得意とする分野ではあるわけです。




ちと、私のプロフィールでも語ってみようかしら♪

一応、高校は食物調理科で
栄養学などの勉強もしてました。

プチ自慢させていただくと
3年間トップの座を守り抜きました♪ \(。・▽・。)/

卒業と同時に調理師免許取得♪

が、調理師半年で手荒れがひどくて
挫折w

次にスポーツクラブで働く

いつの間にやら
アクアビクスのインストラクターに

そんでもっていつの間にやら
エアロビクスまでw

ダンススタジオに入会し
ダンスを習っていたら
何故だか知り合いのインストラクターに
ヒップホップの代行を頼まれて
なんちゃってダンスインストラクターに昇進www

他にも、知的障害者の施設で働いてみたり、
営業やってみたり、工場で働いてみたり

好奇心旺盛な20代です♪






何かつっこみたいこと

アリマスカ???(ー_ー)







ええ、そうですとも、

お仕事


最大続いて
3年です♪ (*ノノ)



つっこみついでに
人気blogランキングへ ←ポチッと( 。 ..)_
posted by ことこと at 10:06| Comment(11) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

ステッパー

ついに買っちゃいました!!(oδ▽δ)o





ステッパー!!!

置く場所がないなぁ・・・・・
と迷っていたけれど
ついつい

実は先月妊娠発覚のため
スポーツクラブを退会したのですが
今月になって流産発覚のため
また、スポーツを始めなきゃって思ってたんです。

でも、スポーツクラブ辞めてすぐ復活するのもなぁ・・・

で、外で散歩とかランニングとかやろうと思ったものの

寒いしなぁ・・・・




イコール

ステッパーご購入!!(*ノノ)

これなら暖かい家の中で(外よりは・・・)
テレビとか見ながらできるかなぁって

運動強度も強すぎず
私には丁度いいカモ


ただ、居間にドーンと置いてあるので
見た目が気にはなりますが・・・

お客さまが来る時だけひっこめればいっか♪

目立つ所に置いておけば気軽にできるので
結構続きそうです♪

筋トレはコロコロエクササイズで総合的にできるし
個々の筋肉は、自体重プラスダンナさまに負荷になってもらって
なんとかなるし

ステッパーなんて、スポーツクラブ1ヶ月分で買えますから
ちょっと節約気分♪



節約といえば・・・

最近一部で流行のマイクロダイエット
高いんですね\(◎o◎)/!
一食1000円くらいするのか。

そんなんだったらバランス配合型のプロテイン飲むよ!!
って思っちゃいました。

なので、マイクロダイエットを愛用している方に
こんな商品もあるよ!っていう参考に・・・

マイクロダイエットは、
たんぱく質とビタミン、ミネラルなどの栄養素が入っていて
1食分の食事に置き換えて摂取するものらしいですが、




プロテインダイエットミックスパック

これも同じようなものです。
しかも、1食100円程度!!


どちらも脂質の量が少なく、
これに置き換えることで1日の総摂取カロリーを減らそう
ということですよね。

もちろん、他の2食でバランスの摂れた食事を摂ることは不可欠です。
なぜなら、どちらにも、限られた栄養素しか入っていないから・・・

食事から摂る栄養には、まだ発見されていない未解明な栄養素なども含まれているのです。
ですから、できるものなら3食バランスの摂れた食事から栄養素を摂取するのが理想的。

しかし、朝、時間がなくて朝食が食べられない人や、
料理を作るのが面倒でお菓子で昼食を済ませてしまう人などには
是非オススメしたい商品です。

もちろん、総摂取カロリーを抑えたい人にもオススメですよ。
カロリーを抑えようとすると、栄養をバランスよく摂ることは難しくなりますからネ♪

たんぱく質がしっかり入っているので、カロリー制限により筋肉が落ちる危険が少なくなります。

しかし、いずれにしても他の2食でバランスの摂れた食生活は送ってくださいネ。




posted by ことこと at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

相互リンク募集中です♪

どなたか当ブログと相互リンクしてくださる
心優しい方いらっしゃいませんか?(llllll´▽`llllll)

また、「キレイになりたい」のホームページ
http://kotokotokotokoto.fc2web.com/
でも相互リンクを募集しています。

コメントお待ちしていますm(._.)m
posted by ことこと at 22:05| Comment(8) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

炭水化物の重要性

いろんな人のブログを拝見させていただき
炭水化物を嫌う人の多さに驚きました\(◎o◎)/!

嫌うなら脂肪じゃないのかと
何度突っ込もうと思ったことか・・・

なので今日は炭水化物の重要性について
語ってみようと思います♪

まず、炭水化物が糖質とも呼ばれていることに
誤解をうむ原因があるのではないかと・・・

炭水化物のうち、食物繊維を除いたものを
一般に糖質と呼びます

が、食品のパッケージなどに表示されるときは
炭水化物だったり糖質だったりしています。
まあ、どちらも同じものと考えて良いデス

【糖質】と言われるとどうしても甘いものというイメージがついてしまいがちですが
そんなことは決してありません。

ご飯や麺類も立派に糖質なのですから。

では、糖質が不足するとどうなるのか
お話していきます。

まず、脳のエネルギー源となれるのは
糖質だけです。

なので、糖質が不足すると頭の回転がにぶくなり
仕事の能率が落ちる、失敗が増える、などの原因に・・・

また、糖質不足は身体を疲れやすくします。
そうなると、身体を動かす機会も減り
結果的に太ることも考えられますよね。

更に、運動を行ってダイエットしようとするのなら
糖質は欠かせません。

運動を始めて15分くらいまでは
エネルギーとなるのは糖質だけです。

15分を過ぎると、たんぱく質も少し使われますが
中心はやはり糖質。

30分以上運動を続けると
今度は脂質が使われます。

ただし、糖質なしでは、
脂質をエネルギー源として十分には活用できません。

ここで、一つ注意点d(-。・。)
糖質がイイ!!
と思って、甘いものを摂りすぎるのは禁物デス

糖質にも
単糖類と多糖類とがあり
砂糖などの甘いものは、単糖類デス。

単糖類は食べてすぐエネルギーとなるので
運動直前の栄養補給としてはオススメですが、
それ以外では、ご飯などの多糖類で摂るように心がけましょう。

ちなみに冒頭で
「嫌うなら脂肪」
と言いましたが、脂肪も必要なエネルギーですので
誤解のないようにつけたし。

必須脂肪酸といって、
食事から摂らなければいけない脂質もありますし、
極端に脂質を抑えては便秘や肌荒れの原因にもなります。

ただ、脂質は意識しなくても自然に必要量は摂取できていることが多いので
油で揚げた食品や、洋菓子などの脂質の含まれた間食を控えるのは
イイことだと思うわけです。

以前からたんぱく質の重要性は語っていますが
たんぱく質を多く摂ろうとして肉や魚を多く食べると
それだけでも必要な脂質量はオーバーしがちデス。

たんぱく質の摂取も、肉や魚などの動物性食品にばかり頼らず、
豆、豆製品などの植物性食品から摂るように心がけましょう。
もちろんプロテインで摂っても良いです♪
posted by ことこと at 20:39| Comment(12) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

プロテイン

今日、スポーツショップへ行ったら
プロテインの試飲をやっていました♪

「水でもおいしく飲めるホエイプロテイン」
の、ココア味とストロベリー味。

本当に美味しく飲めました(〃^ー^〃)

普段飲んでるプロテインは粉っぽさが残るのですが
これは全然残らず、味も普通にココアといちごミルクです。

でも、水で飲むよりも牛乳で飲んだ方が美味しいとは思いますが・・

プロテインの重要性はよく分かっていても
味は苦手(;´▽`lllA``
な、私にはぴったりです♪

以前、プロテインのタブレットも買ってみましたが
タブレットでさえまずかったですカラ!!






↑詳しくはクリック

●ホエイたんぱく含有率70%のハイレベルプロテインです。たんぱく質のすべてが高純度ホエイたんぱく(WPI)であり、不純物を極限まで取り除いています。
●体に最も多く含まれるアミノ酸であるグルタミンを添加しています。
●トレーニングでよく使われるビタミンB郡を1食分添加しました。
●おすすめタイム・・・トレーニング直後、就寝前






ちなみに
プロテインには
大豆から作られるプロテインと
牛乳から作られるプロテインがあり、
更に牛乳に含まれるたんぱく質には
カゼインたんぱく質と
ホエイたんぱく質とがあります。

プロテインの材料としてはこれら3つのどれかが使われていることが多く、
それぞれ特徴があるのでその特徴を知って使い分けましょう。

近日中にプロテインに関するページを
「キレイになりたい」のホームページにアップする予定です♪


参考までに、ここで紹介しているホエイたんぱくについて言うと

さまざまなたんぱく質の中でもきわめて吸収率がよく、
利用効率が高いたんぱく質です。
posted by ことこと at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。