人気ブログランキングに参加中です♪
人気blogランキングへ←クリックにご協力をm(._.)m
相互リンク常時募集中♪リンクしてくださる方はコメントください。
簡単相互リンクからもお申し込みいただけます。

2007年11月13日

紫外線対策

紫外線と言えば、気になるのは夏だけではありません。
実は秋の紫外線というのもかなり強力!

紫外線というと、シミの原因というイメージが強いのですが、
実は、しわの原因にもなり、
あらゆる皮膚老化を促進する肌の大敵なのです。

真皮に届いた紫外線の影響で、
コラーゲン繊維は変性し、硬く、弾力のない繊維になります。

真皮の70%以上はコラーゲンでできているので、
コラーゲンが弾力を失うと、皮膚全体がだらっと下がってきます。

こうしてシワが刻まれていくわけです。

「シワは乾燥が原因」と思っている人が多いようですが、
乾燥というのは、実はシワの大きな原因ではありません。

コラーゲン繊維の劣化がシワの主な原因であり、
これは、紫外線や、活性酸素などが影響します。

シワを予防するためには、高級クリームを使うよりも、
まず紫外線と活性酸素対策が大切です。

  ※活性酸素・・・タバコ、ストレス、有害な科学物質などによる

紫外線を予防するには、
日焼け止め化粧品や日傘、帽子等を活用して
肌に紫外線が当たらないようにしましょう。

食事やサプリメント等でビタミンCを摂取し、
紫外線に当たった後の対策もおこないましょう。



紫外線は、波長の長さによって3つに分けられます。

長波長紫外線・・・UV−A
中波長紫外線・・・UV−B
短波長紫外線・・・UV−C

UV−Aは波長が長いため、
UV−Bのように皮膚の表面だけでなく、
皮膚の深いところにある真皮にまで届きます。

皮膚の一番深い部分である「真皮」には、
皮膚の張りや弾力を保つ役割がありますが、
UV−Aを浴びることで真皮の組織が異常を起こし、
皮膚は弾力を失って張りを保てなくなり、
たるんだ部分にシワができやすくなるのです。



では、日焼け止めクリームはどう選んだらいいのでしょうか?

PA・・・紫外線A波を防ぐ力。
     + ++ +++の3段階で表され、
     +が多いほど、作用は強くなります。
     
 ※日常使うには、++程度で良いでしょう。


SPF・・・紫外線B波をカットする力。
      何倍日焼けしにくくなるかを表しています。

 ※日本人の場合、夏の日差しの下で肌が赤くなるまでの平均時間は
 約20分といわれ、例えば、SPF2の日焼け止めを使えば、
 40分に延ばすことができる。


ただし、強い日焼け止め(SPF50が最高)を
毎日使えばよいわけではありません。

強い日焼け止めはどうしても肌に負担をかけます。
「紫外線も肌に悪い、日焼け止めも負担になる」中で、
うまくバランスをとらなければなりません。

1日あたり外で過ごす時間が1時間以内で、
日光に対する皮膚の抵抗力が普通程度の人は、
SPF20前後のものを使うと良いでしょう。

これを基本に、外で長時間過ごす人は、
その状況に応じてSPF25、30、と上げればよく、
肌が紫外線に対して敏感であると感じている人も、
同様に高めのものを選べは良いのです。


●お肌への負担が少なく、スキンケアとしても使える日焼け止めクリーム●





お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 07:53| Comment(9) | TrackBack(0) | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

紫外線の反射

お肌の大敵として知られる紫外線ですが、
「日陰にいれば安心」
なんて思っていませんか?

紫外線は、空の上から降り注いでいるだけではありません。
地面からの反射光線にもあるのです!

雪面、水面、砂浜、コンクリート、芝生などからも反射され、
お肌に当たっています。
ですから、日傘や帽子などだけでは完璧に防ぐことはできないのです。

日常生活の中で気をつけなければならないのは
やはりコンクリートからの反射。

ビーチや冬山ほどではないにしても
決してあなどることはできません。

上からの紫外線にばかり気をとられていて
横や下からの紫外線に注意をしないでいると
横顔がシミだらけに・・・・

また、熱を感じなければ紫外線はない、
と思っている方もいるかもしれませんが、
熱を感じるのは、あくまで太陽光の中にある赤外線の影響。
熱を感じなくても紫外線は当たっているのです。

日焼け止めを塗るときは、
反射光で日焼けしやすい、あごや顔の横の下の部分、
首にもしっかりと塗るようにしましょう。

帽子を目深にかぶり、
日傘を頭に近づけてさすのもいいですよ(〃^ー^〃)

それから、忘れがちなのが『手』

手や首は、年齢が現れやすい場所です。
日焼け止めはもちろん、普段のお手入れにも気をつけましょう。


→UVカット

お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

海水浴での紫外線対策

紫外線がお肌に悪い
というのは分かっていても
夏になったら海で遊びたい・・・・

という訳で海水浴へ行ってきました。
もちろん日焼け対策も万全をつくしてw

まず海水浴で気をつけることは
●午前10時から午後2時の、最も日差しの強い時間は避ける
●日焼け止めクリームは最も効果の強い「SPF50 PA+++」
●長時間紫外線にあたらないためにも15分くらい泳いだら、一旦海からあがる
●海から上がったら日焼け止めクリームを塗りなおす
●陸では長袖、長ズボン、帽子、日傘を着用
●日焼け止めクリームは1日で1本を使い切るくらいの量を使う
●最後はボディローションでお肌を整える

こんな感じで見事、乗り切りました!


ちなみに日焼けをしたい方も
日焼けクリームをしっかり塗って
紫外線B波は防いでくださいね。

帽子をかぶって、髪の毛や頭皮を護るのもお忘れなくd(-。・。)
そして最後は、ボディローションでお肌を整えましょう。


関連記事
 ●紫外線について
 ●UVカット用品

お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 09:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。