人気ブログランキングに参加中です♪
人気blogランキングへ←クリックにご協力をm(._.)m
相互リンク常時募集中♪リンクしてくださる方はコメントください。
簡単相互リンクからもお申し込みいただけます。

2006年12月09日

美容と睡眠

肌は成長ホルモンや女性ホルモンの低下にともなって老化するので、
ホルモンバランスを整えるよう、規則正しい生活を送るのはとっても大事。

特に22時〜2時ごろの間は皮膚の新陳代謝が最も活発に行われる時間です。
この時間に眠っていると、いっそうスムーズに新陳代謝が行われ、
つやとみずみずしさを保つことができるのです。

睡眠が不十分だと、
体の免疫力は眠っている間に回復するため、
免疫力が落ちて、ニキビができたり悪化しやすくなってしまいます。

また、人によっては、疲れやストレスから
男性ホルモンの分泌が盛んになって
肌質が脂性肌に傾き、テカったりニキビの一因となる場合もあります。

また、ホルモンの分泌は体内時計の影響を受けるため、
眠りにつく時間が日ごとにバラバラだと、
リズムが狂ってきちんと分泌されにくくなってしまいます。
ですから、毎日ある程度決まった時間に眠りにつくことも大切なのです。

夜は遅くても24時には就寝し、
8時間程度の睡眠をとるようにしましょう。

顔に触れる枕カバーやシーツ類を清潔にしておくことも忘れずに。
汗や皮脂で汚れた寝具類を使っていると、
肌にも汚れがつき、ニキビの原因になります。



お役に立てたら人気blogランキングへ ←ポチッと( 。 ..)_
お願いします♪





【トゥルースリーパー・プレミアム】
睡眠中の姿勢は、快適な眠りを得るためにとても重要です。
同じ格好で寝ていると、寝具と接触する部分が体重によって
圧迫されてしまいます。
その部分の負担や血行不良を解消しようとして、
私たちは睡眠中、無意識に寝返りを繰り返しますが、
たくさん寝返りをうっていては、カラダが十分に休まりません。

トゥルースリーパー・プレミアムは、
カラダの一部にかかる圧力を分散し、
寝返りを減らすために開発された新・低反発素材のマットレス。

柔らかすぎず、硬すぎないので、
血行を妨げず、背骨をまっすぐ保って理想的な眠り姿勢をつくり、
深い睡眠を得ることができます。


→低反発マットレスならトゥルースリーパー
posted by ことこと at 13:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ストレッチ

日常生活で精神的に緊張したり、
ずっと同じ姿勢で仕事などをしていると
筋肉は緊張し、こり固まってしまいます。

また、スポーツをすると筋肉は激しく酷使され
固く緊張した状態になるのです。

こういう状態が続くと、筋肉が弾力性を失うことになってしまいます。
更に、血行が悪くなり、筋肉中に疲労物質がたまって
肩や腰がこるなどの症状が現れます。

また、弾力性を失った筋肉では、ケガを招きやすくなりますし、
脳にも悪い影響を与えてしまいます。

固く緊張した筋肉は、大脳に絶え間なく刺激を送り続けるので、
眠っていてもリラックスできなかったり、
ストレスが蓄積されていくと言われています。


そこで必要になってくるのがストレッチ

以下に、ストレッチの注意点を上げておきます。


1、リラックスして行う

2、ゆっくりと伸ばす

3、体を温めてから行う
   身体が冷えていると筋肉は伸びにくいもの。
   風呂上りに行うのが理想的。
   ウォーキングなどで筋肉の温度を上げるのも良いです。

4、反動をつけずに伸ばせる範囲で行う

5、息を吐きながら伸ばす

6、伸ばしている時間を知る
   ストレッチは、1〜2秒伸ばしただけでは効果はありません。
   ひとつのストレッチにつき、20〜30秒くらいが目安。

7、痛みを感じる手前でやめる
   痛みを感じるまで伸ばすのは筋や腱を痛めるので禁物。

8、毎日続けること

9、全体的に行う

10、動きやすい服装で行う


ストレッチにはダイエットの効果もある、という話も聞きますが、
直接ダイエットにつながるものではないようです。

ただし、ストレッチを行うことで、
筋肉や身体のコンディションを整えておけば、
代謝機能をよくすることにもつながります。


毎日運動するのはなかなか難しいですが
ストレッチくらいなら、いつでもどこでもやれるので
毎日続けたいですね(〃^ー^〃) b

ちなみに私は、仕事柄、同じ姿勢でいることが多いので
仕事中にもよくあやしい動き(ストレッチ)をしていますwww
posted by ことこと at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

中性脂肪とは

中性脂肪は脂肪細胞の中に貯えられており、
必要に応じて脂肪酸となって、エネルギーとして使われる、
からだには不可欠な栄養素ですが、増えすぎると体に悪影響を及ぼします。

消費できるエネルギー以上にカロリーを摂ってしまうと、
血液中の中性脂肪が増え、
内臓脂肪や皮下脂肪として体内に蓄積されていき、
やがてこれが高脂血症につながり、
動脈硬化症など怖い病気を誘発するのです。

中性脂肪が増加する主な原因としてあげられるのは食べ過ぎや飲み過ぎ!
その他、ストレス、喫煙なども体内での中性脂肪の合成を促進させるため
中性脂肪を増やす原因になります。
また、年齢を重ねるにつれて肝機能が衰えるため、
加齢も中性脂肪が増加する原因となります。

近年の、食生活の欧米化により、日本人の中性脂肪は増加傾向にあります。
健康のためにはもちろんのこと、美しいスタイルを保つためにも
食生活の改善に努めましょう(〃^ー^〃)b


 ≪食生活改善のポイント≫
●高カロリー食品はなるべく避ける
●バター、マーガリン、ドレッシング、マヨネーズなどの調味料を控える
●野菜、食物繊維を多く摂る
●魚類のメニューも多く取り入れる

同じ脂肪でも、魚類に含まれる脂肪は善玉コレステロールを多く含んでいます。
このコレステロールが血液中に増えると、
中性脂肪や悪玉コレステロールのたまり過ぎによる動脈硬化を防いでくれるので、
週に3回は魚類のメニューにすることをオススメします。

この他、オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸に、
悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きが
あるとされています。

ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動を行うことも大切ですよ♪







EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、
いわし・さば・さんまなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。
青魚がからだに良いといわれる理由の成分で、
血液をサラサラにしたり、中性脂肪を下げるというはたらきがあります。

また、EPA・DHAいずれも、からだの調子を整える物質の原料でもあり、
特にDHAは学習・記憶能力の維持や脳神経細胞の健康を維持するために
必要不可欠な脂肪酸ともいわれています。


お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

健康食品の選び方

一口に健康食品といっても
世の中には様々な健康食品があふれています。
その中で、一体何を信じて購入すれば良いのでしょうか?
ということで、今日は一つ、健康食品を選ぶ基準になることをご紹介♪


選ぶ基準は「特定保健用食品」であるかどうか

特定保健用食品ではないものは
保健効果を表示して宣伝、販売をすることができません。

なので、はっきり「○○にきく!」
と表示ができず、
それと思わせるような表現を使って宣伝をしています。

もしくは、第三者の声(例えば栄養士だとか)
として効果を表示する分には問題ないそうです。

しかし、本当にその食品に
語るに足る効能、効果があるのなら
データを添えて「特定保健用食品」を申請し、
承認された上で、許可された保健効果を
表示し、宣伝、販売すればいいのです。

それができないということは、
効能、効果がない!!
ということではないでしょうか?

ちなみに、健康食品の中には、
保健機能食品、だとか、栄養機能食品って表示されていることがあります。

どちらも厚生省に認められている食品ですが、
以下に簡単に説明をのせておきます。


【保健機能食品】
特定保健用食品及び栄養機能食品の2種類の類型からなっている。

●特定保健用食品・・・厚生労働大臣により個別に許可又は承認された食品。

●栄養機能食品・・・その食品から1日当たりに摂取することとなる
栄養成分の量について一定の基準を満たす食品。





例えばこんな商品




【イマーク】
中性脂肪を低下させる作用のある
EPA(エイコサペンタエン酸)600mgと、
DHA(ドコサヘキサエン酸)260mgを含有した、
特定保健用食品。





【極選良菜青汁】
ビタミンB12が栄養機能食品として
1日当たりの摂取目安量を満たしています。


お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 08:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

正しい姿勢

姿勢って、ちょっと意識するだけで全然印象が違って見えるのに
意外と誰も気にしていないんですよね・・・

姿勢が良ければ、バストも大きく見え、
お腹も締まって見えますから、メリハリのある印象になります。

女性に限らず、男性だって、やっぱり姿勢の良い人の方が
頼もしく見えるもの。

社会的にも、やはり姿勢の良い人の方が
好印象を与えますよね。


それに、姿勢が良いことのメリットは、
見た目のことだけではありません!

正しい姿勢で立つように意識するだけでも様々な筋肉を使うので、
結果、筋肉を鍛えることにもなり、
基礎代謝も上がって、脂肪も燃焼しやすくなります。

逆に、猫背のような前かがみ状態が続くと、
首から肩にかけての筋肉が緊張し、肩こりの原因になったり、
腰に余計な負担がかかり、腰痛を引き起こすことにも・・・


キレイのためにも、健康のためにも
普段から意識して正しい姿勢を身につけましょう(*бーб*)b


   ≪正しい姿勢とは≫
 ●アゴ・・・引く
 ●背中・・・伸ばす
 ●お尻・・・引き締める
 ●おなか・・・引っ込める
 ●膝・・・伸ばす



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

パワーヨーガ

パワーヨーガは、従来のヨーガに比べ
はるかに運動量が多いのが特徴です。

立ちポーズを中心とした筋トレ系ポーズのオンパレードで
下半身を鍛えながら数々のポーズをおこないます。
こうして足腰を鍛えることにより
心身共に引き締まり、若々しい心身を保つことができるのです。

また、従来のヨーガは個々のポーズを個別に行うのに比べ
パワーヨーガでは、連続的にポーズを行います。

呼吸に合わせて連続的にポーズをおこなうことで
全身で呼吸法をおこなうという意味合いが強く、
結果として優れた有酸素運動になりますし、
運動量が増えて身体も引き締まります。

休憩なく、連続的にポーズをおこなうといっても
一度ポーズが完成すれば、最低30秒はキープします。
このため、筋トレ的な側面も強く、
身体を引き締める効果もアップするのです。


他にもパワーヨーガには様々な効果があります。
例えば、
・歪みが治る
・ストレス発散
・筋肉のこりをほぐす
・頑固な疲れを取り除く
・血行促進
・自律神経の調整
・免疫力強化

などなど。

最近では、DVDつきのヨーガの本も
安い値段で売っていますので
是非おためしください♪






   【ヨガマット】


  ≪ヨガ関連本ランキング≫
1、見ながら簡単ダイエット・キレイにヤセるパワーヨガ


2、DVD付マタニティ・ヨーガ安産BOOK


3、DVD見ながら簡単ダイエット・キレイにヤセるヨガ


4、4週間プログラムヨガ


5、ゆがみ体質を治す!骨格美人ヨガ





お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ヨガ

ヨガは、現代人の生活習慣から生じた
さまざまな疲労やストレスを解消し、
からだと心の両面に大きな効果を及ぼし、
リラックスさせてくれます。

朝、起きぬけにおこなうと
からだが目覚め、気分もすっきりして
快適な一日が過ごせますヨ♪

他にも、ヨガによる効果はさまざま。

・ポーズを組むことで、体の筋肉が目覚める。
・ホルモンの分泌が活発になり、心身のバランスがとれる。
・脂肪分解酵素の働きがよくなり、脂肪が落ちやすくなる。
・自律神経に働きかけ、食べすぎなどの悪習慣を改善できる。
・老廃物を取り除き、美肌になれる。
などなど・・・・

お家で手軽にできるのも魅力の一つですねd(-。・。)

朝、時間がとれない、という方は
夜、就寝前におこなうのもオススメ。
一日の疲れがとれ、心地よい睡眠がえられます。

ただし、食後すぐにおこなうのは避けましょう。
ポーズによっては内臓が圧迫され、気分が悪くなったり、
効果がえられなかったりします。
食後2時間以上はあけてからはじめましょう。

また、入浴直後も体が安定せず、
心臓にも負担がかかるので、1時間以上はあけるようにしてください。


ヨガエクササイズで重要なことは
決して無理をしないこと。

動作は、ゆっくりとなめらかに行います。
痛みを感じたら、すぐにゆるめるようにしてください。
反動をつけずに丁寧に行いましょう。


それから、ヨガは、ポーズをいかに安定させるかがとても大切な要素。
床の状態がポーズに与える影響は少なくありません。
すべりやすい床は、上級者にはよいのですが、
初心者がおこなうと安定感が作りにくくケガのもとにもなりかねません。
ヨガマットさえ敷いてしまえば、足の裏をしっかりとグリップさせ、
身体や骨盤の安定をしっかりとサポートしてくれます♪

また、寝て行うポーズでも、かたい床の上では
痛くて、とれるポーズもとれなくなってしまいます。

ストレッチや、腹筋などの筋肉トレーニングを
おこなう際にも活用できるので、
ヨガマットを1枚持っておくと便利ですよ(〃^ー^〃)b




   【ヨガマット】


  ≪ヨガ関連本ランキング≫
1、見ながら簡単ダイエット・キレイにヤセるパワーヨガ


2、DVD付マタニティ・ヨーガ安産BOOK


3、DVD見ながら簡単ダイエット・キレイにヤセるヨガ


4、4週間プログラムヨガ


5、ゆがみ体質を治す!骨格美人ヨガ





お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

夏の冷え性

夏といっても
クーラーをつけると、25度程度に設定され、
かなり涼しくなっています。

しかも、夏は汗をかくため
汗の水分が蒸発して体の熱も一緒に放散されるので
体は二重に冷やされるのです。

体が冷えると、肩こりや腰痛、生理痛の悪化がおこりますので
夏にも、冷え対策は大切d(-。・。)

首や二の腕、腰、膝は冷えやすい場所なので
特に冷やさないように注意が必要です。
なので、屋内では、室温に合った服装を選ぶように気をつけましょう。

ノースリーブではなく、半そでか長そでを着るようにし、
ストールなどをひざにかけるよう心がけてください。

また、夏は手軽なシャワーで済ませてしまう場合も多いと思いますが、
1日に1回は、浴槽に浸かってゆったりと体を温めるのがオススメです♪



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

マクロビオティック

マクロビオティックとは
健康でキレイになるための食事方法のこと。

主食である白米を玄米や雑穀に変えたり
動物性食品を減らし、
野菜、海藻、豆類などの植物性食品を中心にとる
という、いたってシンプルなものです。

「あるがまま」という考えのもと、
その土地で、その季節にとれたものを食べ、
食材をまるごと使うのが基本。

普段は捨ててしまう、野菜の皮や葉、芯なども全て使います。
そのためには、農薬を使わない、
有機栽培の野菜であることが必要になってきます。


マクロビオティックの効果は様々で
・便秘が解消される
・肩こりや冷え症が改善される
・肌トラブルの減少
・ダイエット
・体力アップ
・生活習慣病の予防

などなど

食生活を見直すことで
様々な体の不調を解消することができるのです。

 (もちろん食生活だけでなく、
  基本的な生活スタイルの見直しは重要です)

個人的には、マクロビオティックの
「動物性食品を全く摂らない」という考えには
(動物性食品からでないと摂れない体に必要な栄養素もあると思うので)
ちょっと賛同できない部分もありますが

マクロビオティックに限らず、
様々な、『健康に良い』とされていることを
少しずつ取り入れるのはとても良いことだと思います。

あまり厳格にならず、
ちょっと意識して取り入れてみてはいかがでしょうか?


お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪






【おいしっくす】
まずは手軽に主食を変えてみませんか?
毎日食べるお米に雑穀を少し加えてみましょう。
posted by ことこと at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

眼精疲労

眼精疲労は、
パソコン、テレビ、ゲーム、DVD、読書などで目を酷使することによって起き、
休憩をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残ったり、
あるいは回復したと思ったらすぐまた目の疲れが出てきたりするものです。

目が重い、ショボショボする、目が痛む、
疲れによる充血、かすみや視力の低下、といった症状の他、
首や肩のコリ、不眠、胃痛や食欲不振、便秘などが起こることもあります。


パソコンを使っていると、画面を見つめてしまうため
ついついまばたきの回数が減少。
普段に比べて3分の1以下に減ってしまう場合もあり、
目が乾いてしまいます。

更に、姿勢が悪く、首が前傾すると
目を下から見開いて画面を見るようになり、
眼球の露出部分が広くなって
水分が蒸発しやすくなります。

目が乾いて不快なときは
涙に近い成分の点眼薬を使うようにしてください。
抗生剤が入っているものを乾いた目に使うと刺激になってしまうので
ドライアイ用のものを選ぶようにしましょう。

また、目をたくさん使った日は
シャワーで済ませず、ゆったりと入浴しましょう。
浴槽に浸かり、蒸気の中でしばらく過ごすことで
目の表面に湿度を与えてしっとりと癒すことができます。


視力の低下を防ぐためにも
・照明は適度な明るさに
・パソコン時の姿勢にきをつける
・ビタミンAを含む食品を摂る
・パソコンや本など、近い場所を見続けたあとは
 屋外の遠い場所をぼんやり見る
・メガネやコンタクトは年に1回は検査して目に合ったものを使う

などのことに気をつけてくださいネ(*бーб*)b


お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪




posted by ことこと at 16:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

脚のむくみ対策

夕方になると脚のむくみが気になる、
という方は多いのではないでしょうか?

血液は、重力に従って、脚に溜まる傾向がありますが、
筋肉を使うことで、ポンプのように
脚の血液を上方へと戻してくれます。

そのため、座ったり、歩いたりを繰り返していると
脚のむくみはあまり気になりません。

ところが、一日中ずっと立ち仕事をしていると、
血液や水分は脚へ脚へと下がり続け、
一日中デスクワークなどで座ってばかりいると、
脚の筋肉を使わないため、水分は脚にたまってしまい、
夕方には脚がむくんでしまうのです。

脚のむくみを予防するには

立ちっぱなしや、歩きっぱなしの人は
休憩できる時間に脚を上げておく。
できればクッションやソファなどに上げておくと効果的。

座りっぱなしの人は、
1時間に1回は、立ち上がって歩くようにしましょう。
また、座りながらでも、
足首を曲げ伸ばししたり、足の指を動かすなどすると
脚のむくみの予防になります。


また、脚のむくみ予防には
青竹踏みも効果的です。

青竹を踏んでいる瞬間は
体重で足裏の血管を押しつぶし
足を上げた瞬間には
血管が体重から解放されて再び膨らみます。

これを繰り返すので、ポンプのように働き、
足裏の血行を一気によくしてくれるのです。

脚の一箇所で血行が促進されると、
脚全体の血液循環を加速して、
脚に溜まっていた水分を上方に戻してくれます。


それから、夜の入浴も脚のむくみを癒してくれます。
水圧が脚にかかり、水分を上方へ戻してくれるのです。




お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

顔のむくみ対策

前日の夜に味の濃いものを食べたり、
お酒を飲みすぎた翌日や、生理前などは、
朝、顔がむくみやすくなります。

夜間は水平になって寝ているため、
起きている時間帯よりも、頭部に水分がいきやすく、
水分の入り込みやすい顔に
水分が入り込んで顔がむくんでしまうのです。

対策としては
日ごろから塩分を控えておくことが大切。

また、濃厚な味のものを食べながら
アルコールを飲んで寝るのも避けた方がよいでしょう。

それから、日ごろから運動不足の人も顔がむくみやすくなります。
運動することで、血管が丈夫になり、
状況に合わせて血液や水分の配分が上手にできる体になるのです。


朝、顔がむくんでいたら、
顔を軽くマッサージして血行をよくしてください。

その後、蒸しタオルで温め、
水で冷やすことを2回程繰り返すと
顔の皮膚の血液循環がよくなり、
水分が移動して顔のむくみがとれますヨ(*бーб*)b


「水分をたくさんとるとむくみやすくなる」
と、気にしている方もいるかもしれませんが、
実は、水分が不足した方がむくみやすいのです。

ですから、むくみ対策のためにも
水分補給はしっかりとおこなうようにしましょう。


お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

口内炎

ゴールデンウイーク中、外食ばかり続いて
美容とは程遠い生活を送っている人は多いのではないでしょうか?
私もその一人ですが♪

1食を食べ過ぎてしまったら、
他の食事で調節しましょうネ(〃^ー^〃)b

さて、外食続きで何より気になるのは、
栄養の偏り。

そんなわけで、本日は口内炎についてお話します。

口内炎の原因として考えられるものは

・口の中の損傷や刺激
・食べ物の刺激
・ストレス
・栄養の欠乏

などなど・・・・

口の中の損傷や刺激
ぼんやりしていて口の中を噛んでしまったりして、
口の中に傷をつけると、口内炎になりやすくなります。

食べ物の刺激
ある特定の物を食べたときに、口内炎になる人もいます。
チョコレートやナッツなど、様々な食品が
アレルギー源となることもあるのです。

ストレス
多くのストレスがかかっている時は、
身体の免疫システムは影響を受けており、
体に多くのマイナスな影響を与えますが、
口内炎もそのうちの一つなのです。

栄養の欠乏
鉄分や、葉酸などのビタミンB群などが不足すると、
口内炎になりやすくなります。

外食などがつづいて栄養バランスの崩れた食生活が続いている
今の時期は、この栄養の欠乏による口内炎に気をつけましょう。

食事を改善できるのならそれが一番ですが、
無理なら、せめてサプリメントで不足分を補うようにしておきましょう。

ビタミンサプリメント



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪





posted by ことこと at 09:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

体脂肪

「ダイエット」と言って、
痩せている人が更に痩せようとしていることって
よくありますよね♪

少しでも太ると「痩せなきゃ」と気をつけることができる人だからこそ
痩せているのだと思いますが、
中には過剰に脂肪を落とそうとしてしまう人もいるようです。

理想のスタイルをすでに持っている人は
「そのスタイルを維持する」という意味で
【ダイエット】という言葉を使っているのかもしれません。
それは、とてもいいことだと思いますよ♪

ただし、理想的なスタイルを持っているにもかかわらず、
さらに脂肪を落とそうとするのはオススメできません。

栄養の摂取と消費のバランスをとり、健康的な生活をしていれば、
脂肪がたまりすぎるということはありませんし、
脂肪が落ちすぎるということもありません。
丁度理想的な体型に近づいていくはずなのです。

それなのに、体重が落ちないと気がすまない人は
理想的な体型になってもさらに体重を減らそうとしてしまいがち。

「細ければ細いほど良い!」なんてものではないのですけどね(;´▽`lllA``

体脂肪には、人間の生存にとって欠くことのできない機能があり、
健康を維持するために大切な役割を果たしています。

・エネルギーの貯蔵
・たんぱく質の節約
・体温調節
・女性の月経の発現と維持
などなど・・・・・・

女性であれば、体重のおよそ17〜25%くらいの体脂肪量があることが理想。
男性でも15〜20%くらいあるのが理想なのです!
落としすぎないように注意しましょう(〃^ー^〃)b


・・・・・・と言っても、
もちろん多すぎるのも、体にも、見た目にも良くありませんネ♪
多すぎても、少なすぎても困るのが脂肪なんですd(-。・。)

脂肪には、大きく分けて2種類あります。

内臓脂肪・・・内臓のまわりに蓄積した脂肪で、つまむことができません。
        体型から、「リンゴ型」と言われています。
        主に男性につきやすく、閉経後の女性にもつきやすい。

皮下脂肪・・・皮下に蓄積した脂肪で、つまめる脂肪のことです。
        体型から、「洋ナシ型」と言われます。
        主に若い女性につきやすい。

これら二つのうち、特に注意が必要なのは、内臓脂肪。

内臓脂肪がつきすぎると、
糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を引き起こす可能性が高く、その結果、心筋梗塞や脳梗塞を起こすことにも・・・

ウエスト径(へそまわり径)が男性では85cm以上、
女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われ、注意が必要です。

「内臓脂肪はたまりやすく、燃えやすい」と言われており、
逆に「皮下脂肪はたまりにくく、燃えにくい」と言われています。

ですから、内臓脂肪は、
運動や食事の調節により、比較的容易に燃やすことができるのです。
健康のためにも、キレイなスタイルを手に入れるためにも、
適度な運動と食事を心がけましょう♪



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

水分補給(何を飲むか)

水分補給のためには
【水】を飲みましょう。

どんな水を飲んだらいいかについては
賛否両論あり、これがいい!と断言はできませんので
以下を参考にご自分に合った水を選んでみてください。

●軟水
賛成派:日本の水は軟水なので、日本人には飲みやすい。
反対派:ミネラルの補給ができない。

●硬水
賛成派:ミネラルが豊富。
反対派:Mgは体内に吸収されにくいため、下痢になりやすい。
    独特の苦みやえぐみがある。
    クラスターが大きく、吸収されにくい。

●水道水
賛成派:煮沸消毒されパック詰めにされたミネラルウォーターでは
    すでに水としての生命力を失っているので、水道水の方がよい。
反対派:塩素が含まれているため体に悪い。

●浄水器を通した水道水
賛成派:塩素を取り除ける。
反対派:浄水器を通した水は、塩素が除かれているので雑菌の増殖が早い。
    ※その日のうちに飲みきる必要がある。


情報に振り回されず、自分に合ったものを探してくださいね♪
ちなみに私は、スーパーで容器を購入して入れる
「おいしい水」を愛用してますd(-。・。)

丁度2リットル入る容器なので
1日にどれだけ飲んだか分かりやすいですよ♪
1日1本を目指して飲んでます。



水以外の飲み物については

●お茶
水分補給としては好ましくありません。
中国茶の中には強い利尿作用を持ち、
逆に水分を排出してしまうものもありますので注意が必要。
飲むなら麦茶やほうじ茶などカフェインのないものや少ないものを。

●コーヒー、紅茶
利尿作用があるため、飲んだ分以上の水分を出してしまいます。
飲むなら、あくまで嗜好品として飲み、
コーヒーや紅茶を飲んだ後には、水で水分補給をしてください。

●スポーツドリンク
ひどい下痢や激しい運動で大量に汗をかいた場合のように、
水分とエネルギーを大幅に消耗したときには適しています。
ただし、スポーツドリンクには糖分も多く含まれていますので、
飲みすぎには注意してください。

●ジュース
多量の糖分が含まれています。
その糖分も精製された砂糖(白砂糖)に加え、
ブドウ糖や果糖が使われているものも多いです。
水に溶けている白砂糖は体内への吸収速度が速いのですが、
さらに分子の小さいブドウ糖や果糖といった単糖類は
さらにそのスピードが速いのです。
その結果、急激に血糖値が上がって体はバランスを崩し、
負担を強いられることになります。

●牛乳
乳は飲み物というよりは哺乳動物の赤ちゃんの食べ物です。
水を飲むべきところで、たんぱく質や脂肪などを多く含んだ牛乳を飲めば
当然体のバランスは崩れ、食事のときは食欲が落ち、
取るべき食べ物が入らなくなります。
水代わりに飲むのは好ましくありません。

●アルコール
ビールをはじめとするアルコール類には
カフェイン以上の強い利尿作用があります。
水分摂取のつもりでビールを飲むと、
逆に体内の水分がどんどん排出されてしまいます。
ビールに限らずアルコール類を飲んだ後には、
同量〜2倍程度の水分補給が必要です。



ようするに、水分補給には【水】が一番ということですd(>(ェ)< )


今日も人気blogランキングへ ←ポチッと( 。 ..)_
お願いします♪
posted by ことこと at 13:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

水分補給

1日に人間の体から出る水分は、
尿として約1,000〜1,500ml
便として約900ml
生理的に失われるものが約100ml
合計、2,000〜2,500mlもの水分が失われています。

一方、食事から摂取する水分は約1,000ml
体内での代謝水が約200mlだということを考えると
飲料水として必要なのは
1日約800〜1,300mlということになります。

更に汗をかいたりしたなら
その分必要な水分量は増えますね。


しかし、1日に1リットルの水を飲む必要があるといっても、
一度にがぶ飲みしてしまっては意味がありません。

一気にたくさん飲むと、過剰の水が胃に負担をかけ
胃液を薄めてしまいます。
そのため消化不良を起こし、ばててしまうことにも・・・

1回に飲む量は200ml程度(コップ1杯分)
を何度かに分けて飲むようにしましょう。

理想のタイミングは

朝目覚めたとき、
午前10時と午後3時くらい、
入浴前後
寝る前
1日3回の食事のとき

運動をする場合には運動前にも水分補給しておきましょう。
喉が渇いてからでは、すでに体内の水分が不足してしまっています。
 
水分が不足すると血液がドロドロになって
健康に良くないのは言うまでもないですよね。

他にも、消化器官から水分を補うために、便秘の原因となる。
肌が乾燥し艶がなくなる原因となる。

などなど、水分不足は美容の大敵!

「水分を摂り過ぎるとむくむからイヤ」と言う人もいるようですが
実は、水分が不足した方が、
水分を体内にため込もうとしてむくむのです。

また、ダイエットと言って食事制限をすると
食事に含まれている水分の摂取量も減り
水分不足になる傾向があります。


ちなみに、汗をかけば痩せると勘違いしている方もいると思いますが、
サウナで汗をかいても一時的に水分がなくなるだけで
ダイエットには全く関係ありませんよd(-。・。)

汗をかくように着込んで運動するのも、全く意味がないことです。

有酸素運動で、脂肪燃焼に有効な運動強度が
軽く汗ばむ程度だと以前にも書きましたが
着込んで汗をかくのとは全く別ものなのです。
posted by ことこと at 21:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

肩こり

最近極度の肩こりに悩まされています(-_-;)

その原因は姿勢

普段の姿勢が悪いというのなら直しようもありますが
仕事の姿勢となるとどうしようもない・・・・

ようするに、職場の作業台が低いのですな。

身長が169センチもあると
低い作業台では下を向かざるをえない・・・

これでは首の筋肉を過度に使わなくてはならず、
それが長時間、毎日ともなれば
肩こりにもなりますよ。

かといって、作業台を高くしてとも言えず。

(だって、他の人はそんなに身長ないですから・・・・)


病院に行って診てもらおうかとも考えましたが
病院に行ったところで、
調べるだけで、治るわけではないんですよね・・・

原因なんて分かりきってるし。
やっぱ病院行ってもしょうがないかな。


なので、なんとかこの肩こりを軽減させようと
いろいろと調べてみたわけです。

ストレッチについては前回の記事でも書いたので
今回はとりあえず省きます。
(でも、毎日ちゃんとやってますよ♪
ストレッチしないと、ホント限界っぽいから(;´▽`lllA``  )


まず、肩こりの人は、ぬるめの湯にゆったりと
首までつかって温まるのが一番だとか。

汗が出てくれば、体の芯まで十分に温まっています。

湯あがりに、こっている部分に
45度前後の熱めのシャワーを勢いよくかけると、
さらに血行がよくなります。

また、コリがひどい時は、シャワーの交代浴もよく効きます。
まず、40〜42度のシャワーを2〜3分浴びてから
17〜20度のシャワーを2〜3分浴びます。
これを5〜6回繰り返し、最後にお湯を浴びます。

また、肩のうっ血は夜より朝のほうがひどいので、
できれば朝晩2回入浴するといいそうです。


また、一日のうち3分の1は眠っているのですから、
睡眠時間を有効に使って首や肩の筋肉に休養を与えるのも重要。

そのためには、枕を選ぶことが大切です。
枕は頭をのせるもの、という発想から、
首の頚椎を安定させるものであるという発想に切りかえてください。

首の骨は、わずかに山型にカーブしています。
この自然なカーブにそって自在に変形してくれる枕を、
頭の下ではなく首の下に入れて休みます。

フワフワの枕や、大きすぎたり高すぎたりする枕、固すぎる枕は、よくありません。
昔ながらのソバガラ枕で、直径8cmほど、
幅は、肩幅より1〜2cm大きめの円筒形のものが最適です。





それから、マッサージをするのも効果あり。

マッサージをすると筋肉の緊張がゆるみ、血液循環がよくなります。

マッサージを行う場合は、
腕→背中→肩の順に先端部から肩に向けて、
血液を心臓に返してやるようなつもりで。

手のひら全体を使ってもむようにしましょう。



運動をして血行を良くするのも効果的です。
水泳のように、腕を耳につけるような大きな動きは
更に効果があります。





こんな感じで、肩こりを改善する方法はたくさんありますね。

しかし、根本的に治すには、

姿勢をなんとかしなければ・・・・



また転職か???(-_-;)
posted by ことこと at 23:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。