人気ブログランキングに参加中です♪
人気blogランキングへ←クリックにご協力をm(._.)m
相互リンク常時募集中♪リンクしてくださる方はコメントください。
簡単相互リンクからもお申し込みいただけます。

2007年04月20日

朝食の必要性

寝起きは、血糖値が低く、
内臓や神経、脳のはたらきも低下した状態です。

これらの機能を正常にして、
体をスッキリ目覚めさせるのが朝食の大事な役割。

朝食をぬいてしまうと、体にエネルギーが行き渡らないため、
血糖値と体温が上がらず、目覚めの悪いボーッとした状態が続きます。

脳のエネルギーとなるのは、グルコース(糖)のみなのですが、
朝食を摂らないで活動すると、昼食の前には
脳に供給されるグリコーゲンが足りなくなってしまうのです。

こうなると脳の働きは鈍ってしまい、
・居眠りする
・勉強や仕事の能率が上がらない
・だるい
・疲れやすい
・集中力がでない

など、午前中の活動に様々な悪影響が出るほか、
空腹感からイライラしたり、貧血で倒れる、
なんてことにもなりかねません。


また、夕食を最後に次の日の昼食まで何も食べないとすると、
約16時間もの間、体の中には栄養が入ってこないことになります。

これだけ長い間食事をしなければ、体は枯渇状態となり、
次に栄養が入ってきた時には、栄養を貯めこもうとしてしまいます。

ダイエットのために、と思って朝食を抜いている方も
いるかもしれませんが、逆効果ですヨ!!
朝食はしっかり食べましょうd(-。・。)

朝、食事を食べることによって
胃腸の反射が起こり胃腸の動きが活発になって、
便秘の解消にもつながりますヨ♪



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。