人気ブログランキングに参加中です♪
人気blogランキングへ←クリックにご協力をm(._.)m
相互リンク常時募集中♪リンクしてくださる方はコメントください。
簡単相互リンクからもお申し込みいただけます。

2006年10月25日

部分痩せ

「顔のお肉をとりたい」「お腹の脂肪を落としたい」
「足を細くしたい」・・・・・・
そんな部分痩せの願望を持っている人はたくさんいますね。

でも、残念ながら、部分痩せは難しいです。

脂肪を燃焼させたいなら
摂取カロリー以上にカロリーを消費することですd(-。・。)
適度な量のバランスのとれた食事を心がけ、
全身の筋肉をつけて、有酸素運動を行うことをオススメします♪

どこの脂肪を落としたいにしてもやることは同じ。
「腹筋をやればお腹の脂肪が燃焼される」
なんて、単純なものではないんです。

「よく動かす部分には脂肪がつきにくい」とも言われますが、
例えその部分に脂肪がつきにくくても、カロリーが余れば、
結局その周りには脂肪がつくので、やはり消費カロリーを増やすべきでしょう。
(ツイストなども、やってみる価値はあると思いますけどね♪)

また、脂肪が落ちたうえで更に筋肉がついていれば、
その部分は、より引き締まって見えますから、
細く見せたい部分の筋トレをするのも間違いではありませんよ♪


それから、「汗をかけば痩せる」と誤解されている方もいるようですが、
汗をかけば痩せるわけではありません。

痩せたい部分にラップなどを巻いて汗を出すことには
なんの意味もありませんよ。

マッサージで部分痩せできるという話もよく聞きますが、
これも、脂肪が燃焼するわけではありません。
一時的に、水分が移動するだけのことで
時間が経つと、すぐに元に戻ります。

痩せたい部分に何かを塗る、という方法も
脂肪が燃焼する根拠は何もありません。

筋肉がついて太いのが気になる、という方もいるようですが、
女性であれば、ちょっとやそっとのトレーニングでは
ムキムキになることはありません。
筋肉の上に脂肪が乗っているから太く見える、
という可能性もありますね^^

せっかく体に良い運動をしているのに、太いのが気になるから、
と、運動をやめてしまってはもったいないです。
脂肪もつきやすくなってしまいますしねw
ダイエットのためにも、筋肉や骨格といった
「除脂肪体重」は減らさないようにしましょう。



お役に立てたら人気blogランキングへ ←押してくださいお願いします♪
posted by ことこと at 23:16| Comment(8) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

たんぱく質は体をつくる主成分

私たちの体を形成するたんぱく質は、
日々刻々と新しく入れ替わっています。

髪の毛や爪はいつのまにか伸びているし、
風呂に入れば皮膚もアカになってはがれ落ちていく。
内臓も骨も、そして筋肉もどんどん新しくなっているのです。

約80〜90日、それで体の半分は新品になっていると思ってください。
毎日捨てられていくたんぱく質の分だけでもきちんと補う必要があるのです。

70g。
少なくともこれだけは1日に摂取したい量なのですが、
食事での摂取は意外とままならないのが実情なのです。

朝食や昼食でバランス良く摂取できればいいのですが、
なかなかそうもいかないものですね。

夕食でいくら頑張って摂ろうとしても、
納豆1パックで8g、卵1個で7g。
たとえ、ステーキを250g食べたとしても、
そこに含まれるたんぱく質は50gなんです。

毎日の食生活だけで理想的なたんぱく質を摂取するのはなかなか大変。
それに、肉や魚、卵、牛乳などは、
必須アミノ酸をバランス良く含んでいるので
良質のたんぱく質ということができますが、
脂質やコレステロールも多く含まれているので注意が必要。

大豆や大豆製品などの植物性のたんぱく質と組み合わせて、
上手に摂取しなければいけません。

そこで、手軽に摂取する方法が、
プロテインなどのサプリメント食品で補うこと。



オススメのプロテインは
これ↓





水にも溶けやすく
牛乳で溶かして飲めば
普通にココア♪

他のプロテインとは違って
美味しく飲めます!!d(>(ェ)< )





また、朝食などを食べる時間がなくて
ついつい抜いてしまう人には
↓これがオススメ





食事代わりに飲んでください。
たんぱく質以外の栄養素もバランス良く含まれています♪


心優しい方は
人気blogランキングへ ←ポチッと( 。 ..)_
posted by ことこと at 21:07| Comment(11) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

食事制限よりも筋トレを

食事制限をすると、
脂肪ばかりか筋肉までエネルギーに変えて燃やしてしまいます。

筋肉は非常に分解が容易で
エネルギーに変わりやすいのですd(-。・。)

筋肉があればエネルギーを消費してくれるので
基礎代謝が高く、太りにくいのですが
その筋肉まで燃やしてしまうのですから
脂肪のつきやすい体になるわけです。

また、筋肉はプロポーションを良くするのにも欠かせません。
くびれをつくり、メリハリのある体型にしてくれるのです。

食事制限だけでダイエットした人や、
運動不足の人は、メリハリのある体型にはなれません。

そして、ダイエットをやめて、元の食事に戻すと
同じ量の食事でも、以前より多く栄養を吸収してしまいリバウンド。
さらに筋肉が落ちている為に、基礎代謝が減り太りやすい体質に・・・

食事制限は、このような悪循環に陥っていってしまうのです。

そうならないためにも、ダイエットをするなら
まず、筋肉トレーニングを行いましょう。
それに平行して有酸素運動を行えば更に効果的です。

ちなみに私のトレーニング方法を紹介すると

ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチ

の順番で行い

筋トレについては
腿(前、後、内、外)、背中、胸、腹をメインに

1セット目・・・軽めの負荷で10回(稼動部分を温める)
2セット目・・・10回やるのがギリギリの負荷で10回
3セット目・・・2より一つ軽い負荷で10回
        ※2と同じ負荷でできる回数やるのも可

という具合にやっています。
あくまでこれは私のトレーニング方法で
全ての人に当てはまるわけではありません。

たとえば、筋肉をより大きく見せることを目的とした(主に男性)は
もっと負荷を増やして回数を減らした方が効果的ですし

筋トレを初めて行うような人が
いきなり10回がギリギリなんていう負荷で始めては
下手したら体を痛めるキケンもあります。

初心者は、もう少し軽めの負荷で始めて
慣れてから上のようなトレーニングに移行した方が安全です。


※ちなみに、筋トレの部位を
腿、背中、胸、腹をメインに行う理由は
大きな筋肉を鍛えた方が
脂肪燃焼には効果が大きいからです。


より効果的なトレーニングにするためには
・水分補給をこまめに行う。
・トレーニング後30分以内にプロテインを飲む。
・トレーニング前後には必ずストレッチを行う。

以上のことを参考に
健康的なダイエットに挑戦しましょう♪
posted by ことこと at 09:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。